Welcome  
 
 HOME
 船長紹介
 
 
 
 魚図鑑
 釣果PHOTO 
 料金案内
 予約案内
 お問い合せ
 
 LINK
 
 
 
 



 釣れる魚の簡単な紹介と説明をしています!!写真は順次追加していきます!!




掲載してある魚類

アオリイカ・アカミズ・アカヤガラ・アマダイ・沖メバル・カサゴ・キガナ・キダイ・コブダイ・サバ・サワラ

シイラ・スズキ・ソデイカ・チカメキントキ・トラフグ・ヒラメ・ヒラマサ・マアジ・マゴチ・マダイ・マハタ・ヤリイカ


アオリイカ  
    日本沿岸に分布する大型のイカです。食用や釣りの対象として人気があります。
春から夏にかけてが旬で肉質は固く、甘みがあります。 
 
アカミズ  
    標準和名 キジハタ
瀬戸内海ではアコウ、山陰ではアカミズと呼ばれています。
今も昔も高級魚として市場では常に高値で取引され、幻の魚とまで言われています。成魚の大きさは平均で30~50cm。夏には欠かせない魚の一つです。
 
アカヤガラ  
    体は矢の幹のように細長いです。

吻(ふん)は管状に突出し、その先に小さな口が開きます。うろこはありませんが微細な骨質物があり、側線はよく発達しています。
 
肉は淡泊でとくにアカヤガラは美味です。
 
アマダイ  
   
日本では高級食材として扱われ、底引き網、延縄、釣り等で漁獲されています。
旬は秋から冬。身は白身で、脂肪分が少なく淡白ですが、柔らかく水っぽいのが特徴です。
 
 
 沖メバル(ウスメバル)
  旬は冬から春。
脂肪が少なく淡白な白身魚です。

 磯、防波堤で釣れるのはクロメバル、水深のある沖 合いの船から釣れるのは沖メバル(ウスメバル)と呼ばれます。関東地方ではアカメバルとも言います。
シロメバルとクロメバルは近縁の異種です。
 
カサゴ(ガシラ)
  関西地方ではガシラ、山陰地方ではボッカとも言われます。

カサゴおよびその近縁の魚は、身は脂が乗っている割に身の締まっている白身で美味しく一年中食用魚としてさまざまな料理に用いられます。
防波堤や岩場からも比較的簡単に釣れます。
 
 キガナ(キハタ・アオハタ)
    標準和名はアオハタですが、最近ではキハタ、山陰ではキガナと呼ばれます。味わいは良く、非常に美味しい魚です。しかし、クエのようには大きくならず、ハタ科の中では小さい部類で2~3kg程度の大きさにしかなりません。
また、価格面でもクエ等と比較するとかなりリーズナブルです。ただ、ハタ科の中ではリーズナブルって言うだけで高 級魚の価格です。 
 
キダイ(レンコダイ) 
    キダイ は、スズキ目スズキ亜目タイ科に属する魚です。別名としてレンコダイと呼ばれます。

主に沖合いから大陸棚周辺の、水深50-200mの海底付近に生息し、マダイなどと違って海岸付近には生息せず、瀬戸内海のような内海には見られません。
 
 
コブダイ(カンダイ)  
    カンダイとも呼ばれます。成魚は普通のベラらしくない体形で、体高が高く体幅も大きい。体と各ひれはほぼ一様に暗赤褐色です。全長1メートル。幼魚の体は細長く淡紅色で、体のほぼ中央を縦走する1条の白色帯があります。ベラ類では珍しく温帯の環境に適応した種類で、黒潮の影響が少ない日本海や瀬戸内海に多く肉は白身で、夏が旬です。
 
 
サバ  
    日本でサバとよぶものはサバ属のマサバとゴマサバの2種をさすのが普通です。マサバは腹側は無地の銀白色、ゴマサバは腹側に黒い斑点が多数あります

サバ類は代表的な大衆魚であり、鮮魚でまたは煮て食用にされます。
サバは脂肪分の多いものが美味で、特に秋になると脂がのります。

秋に味がよくなるのはマサバで、ゴマサバは一年中味の変化が少ないです。
 
  サワラ
  スズキ目・サバ科に属する海水魚の一種です。

成長するに従ってサゴシ(40-50cm)、ナギ(50-60cm)、サワラ(60cm以上)と呼び名が変わる出世魚です。
身の見た目はさほど赤くなく白身魚として取り扱われる事も多いですが、成分から見ると赤身魚です。
 
シイラ  
    全世界の暖かい海に分布する大型肉食魚で、食用に漁獲されます。

成魚は最大で体長2m・体重40kg近くに達します。旬は夏とされていますが、筋肉質で脂質が少ないことから鮮度保持が難しく、傷みが早いです。
 
スズキ  
    海岸近くや河川に生息する大型の肉食魚で、成長につれて呼び名が変わる出世魚です。
値段は比較的安いですが、夏場の活け物は高値が付きます。
スズキの旬が冬とされることがありますが、夏のスズキはよく太って非常に美味しいです。
ソデイカ(ベニイカ)
     ソデイカは大きなものでは体重20kgを越え、食用になるイカとしては最大です。
島根県ではアカイカ、ベニイカ、ドータリイカなどと呼ばれています。
 
チカメキントキ(キンメ)
  キントキダイの種類の代表格となる魚です。
関東ではカゲキ、関西でキンメなどと色々な呼び方で呼ばれています。
キンメと呼ばれても、キンメダイとは全くの別の魚です。

綺麗な白身は、ほのかに脂も乗り、甘味が感じられます。かなり美味しい魚です。
 
トラフグ  
    食用として取引されるフグの中では最も高級とされています。
高級魚であるため、養殖が昔から行われています。

フグ取扱資格者以外がフグをさばくことは認められていません。
旬は冬場です。 
 
ヒラメ  
     高級魚。身は淡白で弾力性に富み、どんな調理法でも美味しく食べられます。
縁側(えんがわ)と呼ばれる脂の乗
った歯ごたえのある部位は珍重されます。カレイに比べ歯が鋭く、大型になり、目の位置(体の向き)が逆になっています。目のある方が体の左側で、日本では「左ヒラメに右カレイ」といってカレイ類と区別します。
 
ヒラマサ  
    スズキ目アジ科に分類される海水魚の一種です。

アジ科魚類の最大種で敏活な大型肉食魚です。

旬は夏で高級食材として扱われます。 
 
  マアジ
    マアジは一年中味が変わらないが、特に6~7月ごろは美味でアジ類の釣りは、日本では主に夏から秋にかけて行われます。

マアジなどの小型種は釣りの入門魚としても親し
まれ、日本ではマアジが重要な食用魚となっており、様々な加工品や料理が作られています。
 
マゴチ  
    夏が旬で高級食材として扱われ、釣りの対象としても人気があります。

体は上から押しつぶされたように左右に平たいです。

身は歯ごたえのある白身で、刺身、洗い、寿司種、煮付けなど、いろいろな料理で食べられます。
 
マダイ  
    全長120cmに達する大型魚だが、食用として多く流通するのは30-70cm程度です。
日本では古くからマダイはめでたい魚と考えられ、慶祝事や神道の祭において欠かせない高級食材とされてきました。
天然物のマダイは高値で取引きされます。秋が釣りのシーズンとされ、鮮度の落ちが遅いのも特徴です。
 
マハタ
全長1mほどになる大型種。体に7本の黒い横しまがあります。老成魚では横帯は消えます。

西日本から南シナ海まで分布し、岩礁やサンゴ礁に生息します。タイなどに代わる高級養殖魚として注目されています。
 
  ヤリイカ
    春、産卵のため海岸に接近し漁獲されます。
日本において娯楽的なイカ漁として人気を博しているものの一つは、ヤリイカ釣りです。

日本では刺身や寿司だねとして生食に多く使われ、また、一夜干し、直火焼き、煮付けでも食されています。通常は透明性の 高い体色をしていますが、興奮時には茶褐色の色素が強くなります。
 
 
 
     参考           
 出典:Yahoo!百科事典(小学館『ニッポニカ・プラス』) 
 ウィキペディア フリー百科事典 
 島根県ホームページ 島根の水産業(海)と魚
 HOME  TOP